自作の注意点とキャスティングのデメリット

2017年6月20日

キャスティング鯛ラバのデメリット

 

鯛ラバを作る時に皆さん色々と工夫してます。
自分で作った鯛ラバで釣れると嬉しさも格別ですね。
作る時もそうですが、市販の鯛ラバを買う時にも皆さんパッケージに入った横からばかり見てますよね。
横側も大事ですが、実際は下から見る状態もかなり大事ですよ。

鯛は鯛ラバの横から食ってくるより、後ろから食ってくることの方が多いです。

横からだと相手も見ているので捕食は難しいはずです。
真鯛の体はスズキやハマチなどの魚に比べて、関節の自由度が少ない為 体を一気に曲げての方向転換は難しいのです。

基本的に捕食時は一直線です。(魚を食ってる時の話です)
真後ろから追って食うのがほとんどだと思います。
そこで鯛ラバの真後ろの見え方が重要になってきます。

なんでそこまで言い切れるかというと、それもきちんと説明出来る理由が二つあります。
一つは企業秘密で内緒にしておきます。
これは船の流し方とかにも秘密があるので、墓まで持っていきます。(笑)

もう一つの理由は図解で説明しましょう。
最近、メジャーになってきてるシャローのキャスティングにも物申す内容ですが。

キャスティングを横から見たイメージ

画像

シャローの場合、鯛は上の図のように鯛は底に居ます。
バーチカルだとすぐに海面に近くなってしまいます。
でもキャスティングだと同じ水深まで上げるのには、角度にもよりますが 1.5倍から2倍くらい上げる事になるでしょう。

それだけアピールの時間が長くて広範囲を狙えるから有利と世間一般では言われてます。 でも実際はそんな単純なものではありません。

画像

横からイメージするとこんな感じですね。 長く鯛が追えるし、アピール時間も長くて良いことだらけじゃないかって思いますよね。

でもドシャローでのキャスティングで全く食わないのに、バーチカルなら連発してるのも多々あります。
鯛ラバの経験豊富な方なら、そんな状況あるあるって思うはずです。

これが鯛が鯛ラバを見てる方向のヒントになります。
そしてこの狙い方がベイトが小さい時にでも鯛を反応させる方法でもあります。

例えば上の図のような位置関係で考えてみます。

バーチカルでの鯛から見える鯛ラバのイメージ

画像

バーチカルだと、どの方向の鯛に対しても見え方が同じです。

画像

(一応、水の流れをイメージしてスカートは閉じてます)

ほとんどの場合、このように見えます。 下斜めからですね。
これだと全長等はわかりません。

更に好都合なのは上から太陽が照りつけるので逆光になります。
人間よりは逆光に対して見やすいとは思いますが、小魚のお腹が銀色なのは逆光で見にくくする為ですからね。
全く影響がないとも言えません。

これだと鯛ラバを見切られにくくなるのです。
もちろんしっかりセッティングできた鯛ラバじゃないと見切りますよ。

そしてキャスティングの場合

画像

キャスティング鯛ラバに対して鯛がこの位置にいるとします。

横の見え方がこうですね。

画像

真横のシルエットが見えます。
この見え方で食う時はキャスティングが強いですね。
ただ、この見え方で釣れない時は絶望的になります。

 

前や横にいる鯛は、鯛ラバの有効範囲の項目でも書いてあるとおり、見せてはいけないゾーンを通してから入ることになるでしょう。

そうなるとよほどの食いの良い時(鯛ラバの難易度の違いの良い状況が重なる時)ぐらいしか釣れる時はありません。

 

有効なのは後ろから来た鯛のみ。これはバーチカルと同じ見え方になります。
ただ釣れるのは巻いて寄って来てるのだから、必然的に初めだけか、バーチカルに近くなってからあたります。
それでも横にいた鯛の横を鯛ラバが通り過ぎて、後ろから見たら食うかもしれないって考えるかもしれませんね。
しかし鯛は一度獲物じゃないと判断したものは追ってきません。
一発勝負です。

横に居た鯛が通り過ぎるのを待って、後ろからアタックしてくるから良いのでは?なんて甘い考えではダメですね。
残念ながらそれは無いです。

一度、獲物の視界に入ってしまった鯛は追う事はないようです。 もちろんキャスティングで釣れにくい時の話です。
裏付けできる理由もあり解明出来てるので言い切れます。

画像

前からだと、こんな感じ見えます。
釣れにくいと思います。

キャスティングで釣れない時にバーチカルで連発する。
これの理由を解いていくと鯛ラバの見え方次第で鯛がアタックしてくるのが理解できるでしょう。

バーチカルでの鯛の釣れる範囲がこうですね。

画像

360度全てに有効です。

キャスティングだとごく一部になってしまいます。
画像

落とし直して近くになれば釣れますが、あまりにも効率が悪いです。

もちろんキャスティングが抜群に強い時もありますから
その時々で試したり、他の人の状況を見ながら判断ですね。

鯛ラバを買う時に下斜めから見て買ってください。
こんなこと誰も言ってないので、このサイトを見てるのがバレバレですが。(笑)

この写真の鯛ラバはこの写真の為に、部屋に転がってた余り物で作りましたから 真似ても釣れるかどうかはわかりません。

まぁたぶん幾らかは釣れるでしょう。(笑)

でもこの釣り方に向いてる鯛ラバも条件があります。
ある程度は上手く作ってないと全然アタリがでないですね。

ちなみに上記の市販の鯛ラバでも、狙ってるのか偶然なのかわかりませんが
この条件に抜群に強い鯛ラバがあります。
どれなのかはここでは言えませんが市販のも優秀です。

 


来島海峡の鯛ラバ(鯛カブラ)、ジギング船なら来島丸

Posted by kurushimamaru

PAGE TOP